猫森集会 第4回(2005年)9月17日~9月25日

中秋の名月を挟んだ4回目の猫森集会。ゲスト陣との豪華な演奏に加え、笑いの絶えないトークも満載。実りの秋、収穫の秋にふさわしいものとなりました。

2005年9月17・18日(土)(日)

Aプログラム 

セットリスト

2005年9月17・18日(土)(日)Aプログラム
ゲスト:バカボン鈴木(B.)

  1. 小さな魚
  2. MOON SONG
  3. 青い鳥
  4. DESERT MOON
  5. 水晶散歩
  6. 鯨のため息
  7. 空の駅
  8. 雨の国・雨の舟
  1. 星より遠い
  2. 会いたくて
  3. 冷たい水の中をきみと歩いていく
  4. 電波塔の少年
  5. 人がたくさんいる
  6. 犬を捨てに行く
  7. きみの時計がここにあるよ
アンコール
  1. ドッペル玄関

回顧コメント

 この日は、1曲目の『小さな魚』の演奏後、石井AQさんとゲストのバカボン鈴木さんが登場。谷山さんのコンサートではもうお馴染みのベーシスト・バカボン鈴木さん。猫森集会2日目の18日は、中秋の名月だったこともあり、美しい月の歌が会場を包み込む美しいはじまりです。続いて演奏されたのが、「幻想図書館vol.3~アタゴオルは猫の森」の劇中歌から『水晶散歩』『鯨のため息』。

 全体的に美しい曲が並ぶ中、バカボンさんとのトークは全く別のものに。「バカボンさんと話そう!」のコーナーでは、バカボンさんがなぜベーシストへの道に進んだのかという話になります。バカボンさんの静かなトーンで語られる衝撃の過去に、会場は爆笑の渦にのまれていました。

 ラストは、バカボンさんのグルーヴィーなベースにのせた『ドッペル玄関』。会場から手拍子も飛び出し、にぎやかな終幕となりました。

アーカイブ